沢田レディースクリニックブログ

2017.04.27更新

血管年齢とは、血管の老化度合いの目安を表す指標のことです。血管年齢が高いと動脈硬化が進行し、逆に低いとそれほど進行していないと判断できます。



動脈硬化は生命の危機につながる恐ろしいものです。ご自身の血管年齢を把握していないのなら、血管年齢検査を受けてまずは把握すべきといえます。血管年齢の老化の原因は高血圧、高血糖、コレステロールが高いことです。塩分の摂りすぎやストレスや肥満などが高血圧になる原因となります。



高血糖になるとAGEsが血中にたくさんできます。そして動脈硬化を促進する結果となってしまいます。コレステロールに関しても同様に、動脈硬化促進につながり、脂質の多い食生活は改善しないといけません。血管年齢改善のためには、食生活の改善と適度な運動が必要になります。喫煙者の方はタバコをやめると血管年齢改善につながります。



大阪府高石市にある当院では、血管年齢検査を受けられます。ご自身が血管年齢を把握しているからこそ、改善が必要であるということも自覚できます。しかし、血管年齢を分かっていないと、特に自覚症状もないからこそ、そのまま放置しがちとなってしまいます。血管年齢検査はすぐに受けられるもので、多くの時間も経済的な負担も少ないものです。



健康な体でいることが、安心して生活を送れる理由にもつながります。定期的に血管年齢検査を受けるようにしましょう。

投稿者: 沢田レディースクリニック

沢田レディースクリニック ホームページを見たとお伝えください TEL:072-267-5200
contact03_sp.png

TEL:072-267-5200