沢田レディースクリニックブログ

2017.07.31更新

よく耳にされる更年期とは、女性ホルモンが減少し閉経になるまでのときの事を指しています。大まかな年齢の目安としては、45歳から55歳ころが更年期の時期で、女性の体において重要となる女性ホルモンが欠乏して様々な更年期症状が現れるのです。

更年期症状を抑えるためには、女性ホルモンを補充することで、エストロゲンの欠乏状態を改善する必要があります。もちろん更年期症状が、一体どういったものなのかを知らなければ、検査や治療を受けたりするきっかけにはならないと思います。

主な更年期症状としては、月経周期が短く不正出血が起こる月経異常、肩こりや動機、頭痛などが起こる自律神経失調症などが起こります。また、女性ホルモンがなくなっていくと膣壁の潤いも失われていき、細菌が生えやすくなる事で、膀胱炎や膣炎を起こしやすくなります。

更年期にはいると、皮膚の潤いも失われていくと考えられており、そのほか、精神症状や動脈硬化、骨粗しょう症など、様々な疾患をみられるようにもなります。

ちょっとした体調不良などと思われる事もあるかもしれませんが、女性ホルモンの低下により起こる症状はたくさんあります。更年期障害かもしれないという疑問が少しでもあれば、大阪府高石市にある当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者: 沢田レディースクリニック

2017.07.27更新

現状で妊娠を希望されていない場合は避妊はとても大切です。一般的に手軽な避妊方法としては、コンドームを男性側が装着して性交をされる事となります。しかし、時にはコンドームが外れたり、あるいは破れたりするような万が一のトラブルもあり得るため、確実な避妊方法ではありません。

より高い確率で避妊を成功させるにはピルの使用が効果的です。低用量ピルやアフターピルを使用する事で避妊効果を高められますし、コンドームのような避妊具と併用すれば、さらに高い確率で妊娠を防げます。

一般に、ピルは避妊率が99.8%といわれるほど高い割合で妊娠を防げるもので、排卵を起こさせないため、妊娠の可能性を大幅に下げられます。現在あるピルは、昔のものと違って副作用が少ないものが多くなっているため、比較的手軽に使用しやすい傾向にあります。

また、万が一コンドーム等の避妊方法で失敗してした場合には、72時間以内にアフターピルを飲めば、妊娠を防げる可能性があります。子育てや生活の準備が十分に整っていない状態では、避妊をして将来的に妊娠に向けて妊活するような流れも良い事でしょう。それが自身達、そしてお子様の幸せにつながる時もあるかと思います。

大阪府高石市にある当院では、避妊に関するご相談を承りますので、お薬をお求めの方は是非お越し下さい。

投稿者: 沢田レディースクリニック

2017.07.20更新

婦人科系の疾患は様々ですが、やはり誰しもが不安に思うのはガンではないでしょうか。

今は、血液検査でガンのリスクを評価出来る検査方法があり、その事を「アミノインデックス」と言います。健常者であれば、血液に含まれるアミノ酸の濃度は一定に保たれていますが、ガンを罹患する患者は、アミノ酸の濃度バランスに変化がみられるのです。

アミノインデックスではこのアミノ酸の濃度バランスを統計的に解析する事で、今現在、ガンなのかどうかのリスクを評価できます。ただしガンのリスクを評価する検査であるため、明確にガンなのかどうかを判断できる検査ではありません。

アミノインデックスによって調べられるガンのリスクは、「胃ガン」「肺ガン」「大腸ガン」「膵臓ガン」「乳ガン」「子宮・卵巣ガン」です。子宮や卵巣ガンについては、子宮頸ガンや子宮体ガン、あるいは卵巣ガンが対象で、いずれかのガンのリスクは調べられます。しかし、一つずつのガンのリスクは区別できない検査です。

どのガンに関しても、早期に発見できれば治療出来る可能性が高まり、治療後の生存率も格段と高くなります。いつか調べるのではなく、今検査で調べておいた方が、早くにガン気がつけるかもしれません。大阪府高石市にある当院では、アミノインデックスによるガン検査を出来ます。ガンのリスクを調べたい方は当院にご連絡下さい。

投稿者: 沢田レディースクリニック

2017.07.13更新

妊娠を希望して避妊せずに性交しているのにもかかわらず、2年以上経過しても妊娠しないものが、不妊の定義と定められています。不妊症は女性側に原因があると考えられる方もいるかもしれませんが、実際は男性に可能性があるのも少なくありません。

女性側に不妊の原因があるかどうかは様々な検査によって調べられますが、その一つにAMH検査があり、これは抗ミューラー管ホルモン検査ともいわれるものです。

抗ミューラー管ホルモンは女性ホルモンの一種で、卵巣の中で今後育つ卵胞から分泌されているホルモンを言います。原子卵胞が減少傾向にあるとAMH値が少なくなるのに対して、AMH値が高いと、今後育つ卵胞がたくさんある事がわかります。この数値は卵巣機能の予備能を知る事が出来て、これから不妊症に対してどう治療を進めるか判断材料ともなるのです。

AMH検査は卵巣年齢を計るという意味で言われる事が多いのですが、不妊で悩まれているのであれば一度、検査を受けてみると良いでしょう。先にも述べたように、不妊は必ずしも女性側に問題があるとは限らないため、妊娠を望むのなら夫婦で不妊治療をご検討されるのが一番です。

大阪府高石市にある当院では、不妊を調べるAMH検査などを行い、将来的に子供を授かれるように努めて参ります。検査をご希望の方はぜひ当院にご相談下さい。

投稿者: 沢田レディースクリニック

2017.07.06更新

血管が老化しているかどうかは数値で表すことが出来て、それを血管年齢と言います。血管年齢が高い場合は動脈硬化が進んでおり、逆に血管年齢が低い場合は動脈硬化が進行していないと判断出来ます。

検査は動脈の硬さ、つまり具合などを測定し、動脈硬化で血液の流れが悪くなっていないかを調べて血管年齢を割り出します。

この血管年齢は、CAVIと言われる同じ性別で同年齢の健康な人の値と、数値を比較することで調べます。動脈硬化が進行しているとCAVIの値は高くなりやすく、9.0を上回ると脳あるいは心臓に動脈硬化を起こしている可能性が高まるのです。

この検査は血圧測定と同じくらいに簡単に行えます。ベッドに横になり検査しますが、イメージとしては心電図をとるような形で、両手と両足の血圧を同時に測定する検査で、痛みを感じることはありません。

血管年齢検査は5分程度で済み、腕とひざ下が出せるのであれば、衣類を着替える必要もありません。特に女性は、更年期に入り閉経すると、抗動脈硬化作用が低下し通常より動脈硬化を引き起こしやすくなります。

定期的に血管年齢検査を受ければ、早期に動脈硬化のリスクを知り、予防に努められるようになります。大阪府高石市にある当院では、血管年齢検査を取り扱っておりますので、ご心配な方はぜひご相談下さい。

投稿者: 沢田レディースクリニック

沢田レディースクリニック ホームページを見たとお伝えください TEL:072-267-5200
contact03_sp.png

TEL:072-267-5200